能量, 靈氣

2023年大阪 臼井靈氣百年祭-演講者介紹

2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會將於2023/4/7-4/9大阪舉行,這場盛會邀請國際知名靈氣人士到場參加與演說,以下提供演講者介紹。

【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹】

【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:土居裕 Hiroshi Doi】

演講人:土居裕 Hiroshi Doi

演講主題:關於靈氣的創始者.臼井甕男先生HISTORY OF THE FOUNDER OF REIKI: MIKAO USUI

土居裕 Hiroshi Doi

1935年出生於日本岡山縣。 是世界上最受尊崇的靈氣大師之一,也是現代靈氣法的創始人。 他同時是傳統靈氣療法或臼井靈氣療法(臼井甕男所創立的傳統靈氣)的重要研究家之一。 1993年,在遇到了臼井靈氣療法學會的成員小野田女士之後,成為了臼井靈氣療法協會的成員,土居裕老師目前仍然是該學會的成員。 在學習了西洋靈氣的實用性和傳統靈氣的精神性之後,覺得有必要將兩者的優點結合起來。 以此為指導方針,在 1995 年建立了現代靈氣方法,使靈氣的練習成為日常。 為了糾正對日本傳統靈氣與臼井甕男老師與的錯誤傳言,1997年開始寫作。 土居裕 Hiroshi Doi的作品已被翻譯成八種語言。


土居裕 Hiroshi Doi

霊気の創始者・臼井甕男先生について

1935年、岡山県生まれ。世界で最も尊敬されている霊気マスターの一人であり現代霊気法の創始者です。伝統霊気もしくは臼井霊気療法(臼井甕男先生創始の伝統霊気)の重要な研究家のひとりでもあります。1993年に臼井霊気療法学会の会員だった小野田夫人との出会いをきっかけに臼井霊気療法学会の会員になり、現在もそのメンバーです。西洋霊気の実践性と伝統霊気の精神性を知った後、両方の利点を融合させたいという必要性を感じ始めました。これを指針として1995年に霊気の実践を日常的なものとするために現代霊気法を構築しました。1997年には臼井甕男先生と日本の伝統霊気について誤って伝わる内容を修正するために<、 トルツメ>執筆活動を始めました。土居氏の著作は8ヶ国語に翻訳されています。


HIROSHI DOI

HISTORY OF THE FOUNDER OF REIKI: MIKAO USUI

Hiroshi Doi (1935 Okayama, Japan), is one of the most respected Reiki masters in the world as well as the founder of the Gendai Reiki Ho system. He is also one of the greatest researchers in Dento Reiki or Usui Reiki Ryoho (traditional Reiki of Mikao Usui). In 1993 he met Mrs Onoda, who opened the doors of the Usui Reiki Ryoho Gakkai (the association founded by Mikao Usui in 1922) of which he is now a member.

After learning about the practicality of Western Reiki and the high spirituality of Traditional Reiki he felt the need to bring together the best of both schools. Thus, in 1995 he created the Gendai Reiki Ho method, to bring the Reiki practice into everyday life. In addition, in 1997 he began writing books to correct the story passed on about Mikao Usui and the world of Japanese Reiki. His works have been translated into several languages.


【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:奧拉夫·鮑姆 Olaf Baume】

演講人:奧拉夫·鮑姆 (Olaf Baume)

演講主題:霊気相關歴史資料的公開展示 PRESENTATION OF OLD DOCUMENTS

奧拉夫·鮑姆 (Olaf Baume)

靈氣大師,靈氣實踐者,靈氣研究員,作家。奧拉夫·鮑姆 (Olaf Baume) 於 2003 年在印度與靈氣相遇,自那時起他開始了對靈氣的追尋。三年後的 2006 年第一次訪問日本,並從土居裕 (Hiroshi Doi) 老師處那裡獲得了現代靈氣法的第二級。 2008年取得現代靈氣法大師資格,後師從稻本百天老師研習光明霊気道。

此後,從 2009 年至今經常訪問日本,收集有關臼井老師及其遺產的相關資料。獲得這些情報和資料是非常困難的,但有幸在這個探索過程中發現了一些重要的知識和貴重的資料。

在 2022 年的活動中,我們將與大家一起分享這個研究的旅程,並首次為全球的靈氣世界公布這些訊息。


オラフ・ボーム

レイキマスター、レイキ実践者、レイキ研究家、作家。オラフ・ボームは2003年にインドでレイキと出会い、その時点から彼の霊気探求の旅が始まりました。3年後の2006年に日本を初めて訪れ土居裕先生から現代霊気法の第二レベルを受けました。2008年には現代霊気法のマスターの資格を習得し、また稲本百天先生のもとで光明霊気道も学びました。

その後、2009年から現在まで頻繁に日本を訪れ、臼井先生とその遺産に関する情報を集めてきました。これらの情報や資料を得ることは現在では非常に難しくなっていますが、この探求の道を歩む中でいくつかの素晴らしい知識や貴重な資料を発見するという幸運に恵まれました。

2022年のイベントでは、この研究の道のりについて共有し、世界のレイキ・コミュニティのためにいくつかの資料を初めて公開します。


OLAF BÖHM

Reiki master, practitioner, history researcher and author. Olaf Böhm started his Reiki journey in 2003 in India. He was fortunate to be led in 2006 in the direction to Japan with the second Level Reiki with Gendai Reiki Ho, also in India.

He became a Gendai Reiki Ho Master in 2008 formed by Hiroshi Doi sensei and also studied Komyo Reiki Do with Hyakuten Inamoto.

From 2009 till today he has traveling to Japan as often as possible and trying to find some information on Usui Sensei and his legacy. Nowadays it is very hard to find anything, but with a bit of luck there have been some beautiful insights and documents on the way.

On the 2022 event he will share this adventure of research and show some documents for the first time for the global Reiki community.


【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:中 露美 RUMI NAKA】

演講人:中 露美

演講主題:国際整體看護協会・IHAN的演講 TALK BY THE INTERNATIONAL HOLISTIC ASSOCIATION OF NURSES OF JAPAN

畢業於日本千葉縣醫科大學護理系。曾在國立放射醫學總研究所、科學技術廳從事癌症護理工作。 至海外研修後,對於身心合一的整體醫學產生興趣,在經歷了SECOM家訪護理站的工作後,採用芳香療法、靈氣療法等相關的補充療法和替代療法,成立了Luminous Japanese home-visit nursing station,並努力推廣普及全人看護的概念。

目前,她正在進行 Luminous Holistic Care Academy 計畫,以能夠提供整體照護的護士和治療師為目標進行培訓和推廣。

現任國際整體護理協會主席( International Holistic Nursing Association)。 Luminous Group代表(日本家訪護理站、Luminous Holistic Care Academy、Luminous Holistic Care Centre)。


中 ルミ

国際ホリスティック看護協会・IHANの講演

千葉県医療技術大学校 第一看護学科卒業。元科学技術庁 放射線医学総研究所にて癌看護に務める。海外研修後心と体と魂の三身一体のホリスティック医療に興味をもち、セコム訪問看護ステーションでの勤務を経て、アロマやレイキなどの補完代替療法を取り入れルミナスの和訪問看護ステーションを立ち上げ、普及に努めている。現在、ホリスティクケアが提供できる看護師・セラピストの育成と普及に向けて、ルミナス・ホリスティックケア・アカデミーを構築中。

国際ホリスティック看護協会理事長。ルミナスグループ代表(訪問看護の和訪問看護ステーション、ルミナス・ホリスティックケア・アカデミー、ルミナス・ホリスティックケアセンター)


RUMI NAKA

TALK BY THE INTERNATIONAL HOLISTIC ASSOCIATION OF NURSES OF JAPAN

Graduated from Chiba Medical Technology College´s department of Nursing. She was engaged in cancer nursing at the National Institute of Radiological Sciences of the former Science and Technology Agency.

After overseas training, she became interested in holistic medicine that integrates the mind, body, and soul. After working at the SECOM home-visit nursing station, she adopted complementary and alternative therapies such as aromatherapy and Reiki and launched the Luminous Japanese home-visit nursing station and striving to spread it.

Currently, she is working on the Luminous Holistic Care Academy project to train and disseminate nurses and therapists who can provide holistic care.

President of the International Holistic Nursing Association. Luminous Group Representative (Japanese Home-visit Nursing Station, Luminous Holistic Care Academy, and Luminous Holistic Care Center).


【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:喬伊斯·威諾】

演講人:喬伊斯·威諾

演講主題:從高田老師直到今日 FROM TAKATA SENSEI TILL TODAY

喬伊斯·威諾 JOYCE WINOUGH

當喬伊斯住在夏威夷時,她於 1988 年被 Helen Haberly 給予靈氣一級點化,然後在 1990 年獲得了二級。她致力於將靈氣帶到大眾社會,自 1993 年以來組織了 gclasses 並提供專業的治療。 她於 2002 年由 Phyllis Furumoto 給予大師點化,然後她離開了夏威夷並與 Phyllis 前往許多國家一起參加靈氣的活動、課程和靜修。並帶著祝福支援了與多靈氣學生及Phyllis 一起前往京都與鞍馬山。

她在多個社區以及美國亞利桑那州綠谷(Green Valley)的家中任教。她活躍於靈氣聯盟(The Reiki Alliance),這是一個國際靈氣大師的組織,致力於按照高田女士與和Phyllis Furumoto的傳統教授靈氣。她還是國際靈氣基金會(Reiki Foundation International)、英國靈氣協會(UK Reiki Association)的成員,以及夏威夷和亞利桑那州的執業按摩治療師。自從她的配偶 Phyllis 於 2019 年 3 月去世後,喬伊斯繼續了她的靈氣之旅和對臼井式療法(Usui Shiki Ryoho)的承諾。她通過教授和分享靈氣、並向靈氣界展示了一些高田存檔的資料、培養靈氣大師的候選人,並支持他們教導過的學生。

她是宗師辦公室委員會(Council of Office of the Grandmaster)的成員,這是一個工作組織,代表現在的傳承者和古本老師的繼任者,約翰內斯·萊因德爾(Johannes Reindl )以及保持能量和紀律長頭銜的保羅·米切爾(Paul Mitchell )。她通過靈氣自我治療、步行、騎自行車、乘船巡遊、閱讀和聽音樂來滋養自己。


ジョイス・ウィノウ

ジョイスは1988年にハワイで霊気の第一レベルをヘレン・ハーバーリーから学び、1990年には第二レベルを受けました。1993年からレイキをもって地域社会に従事する活動を始め、プロとして霊気のクラスとレイキヒーリングを行っています。2002年にフィリス・フルモト女史からマスターレベルを授かり、その後、ハワイを離れてフィリスとともに多くの国を訪れ働くようになりました。彼女はフィリスのツアーで沢山の霊気の生徒達をサポートしてきました。現在は、いくつかのコミュニティで教えているだけでなく、アメリカのアリゾナ州グリーンバレーにある自宅でも教えています。ハワヨ・タカタとフィリス・L・フルモトの伝統を継ぐ霊気マスターの国際的な組織であるレイキ・アライアンスに所属しています。また、レイキ財団インターナショナル、英国レイキ協会のメンバーでもあり、マッサージセラピストでもあります。2019年3月に妻(配偶者)のフィリスが亡くなった後もレイキの旅を続けながら、霊気の伝授そして共有に従事し続けています。

様々なレイキコミュニティにタカタ・ファイル・プロジェクトを発表したり、マスター候補者の研修や伝授した生徒へサポートを行っています。また、現在のエネルギー継承者でありフルモト先生の後継者であるヨハネス・ラインドル氏と、エネルギーと規律長の肩書きを持つポール・ミッチェルを代表する組織である「グランドマスター事務局評議会 the Council of Office of the Grandmaster 」のメンバーでもあります。


JOYCE WINOUGH

While she was living in Hawaii, she was initiated First Degree Reiki in 1988 by Helen Haberly then Second Degree in 1990. Committed to bring Reiki to the community, she has been organizin gclasses and offering treatments professionally since1993. Initiated as a Master in 2002 by Phyllis Furumoto, she left Hawaii to travel and work with Phyllis in many countries for Reiki events, classes and retreats. She is blessed to have supported Reiki students on tours with Phyllis to Kyoto and Mt. Kurama.

She teaches in various communities as well as her home in Green Valley, Arizona, USA. She is active in The Reiki Alliance, an international organization of Reiki Masters dedicated to teaching Reiki in the tradition of Hawayo Takata and Phyllis L Furumoto. She is also a member of the Reiki Foundation International, UK Reiki Association, and licensed massage therapist in Hawaii and Arizona. Since the death of her spouse Phyllis, in March 2019, she continues her Reiki journey and commitment to Usui Shiki Ryoho by teaching and sharing Reiki, presenting some of the Takata Archive Project with Reiki communities, preparing master candidates as well as supporting students she has initiated. 

She is a member of the Council of Office of the Grandmaster, a working organization that represents the current Lineage Bearer and Furumoto Sensei successor, Johannes Reindl as well as Paul Mitchell who holds the energy and title of Head of Discipline. She nurtures herself by Reiki self treatment, walking, riding bicycle, cruising on her boat, reading and listening to music.


【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:謝爾頓·費爾德曼博士】

演講人:謝爾頓·費爾德曼博士(Dr. Sheldon Feldman)

演講主題:醫院裡的靈氣 REIKI IN HOSPITALS

謝爾頓·費爾德曼博士(Dr. Sheldon Feldman)是一名外科教授,負責指導乳腺癌醫療服務,並且是紐約市 Montefiore 醫療中心乳腺外科和乳腺外科腫瘤學研究項目的負責人。他在紐約大學完成了醫學院和外科住院醫師的學業,並在紐瓦克貝斯以色列醫學中心(Newark Beth Israel Medical Center)獲得了血管外科獎學金。

在開發用於診斷和治療乳腺癌的創新微創技術方面,他是公認的領導者。他主要在於推廣提倡乳腺癌預防、並且是單點及綜合診斷與治療研究的首席研究員。

他的專業領域包括;腫瘤整形手術(oncoplastic surgery)、乳頭保留的乳房切除術(nipple sparing mastectomy)、術中放療(intraoperative radiation)、腫瘤消融(tumor ablation)、淋巴水腫預防照護(lymphedema prevention)、和乳腺癌醫患介紹溝通的方式。

他提升了靈氣和醫療保健的作用。他是 Medical Reiki Works 協會的理事長與會長。他在美國國內和國際上進行了廣泛的演講和研究出版,並且是乳房雜誌(Breast Journal)的編輯委員會成員。也是美國乳房外科醫生協會的前任主席。


シェルドン・フェルドマン

フェルドマン氏は外科の教授であり、ニューヨーク州モンテフィオーレ医療センターの乳がん診療科を指揮していて乳腺外科および乳腺外科腫瘍学プログラムの責任者です。フェルドマン氏は乳がんを診断し、治療するための革新的で低侵襲的な技術開発のリーダーとして認められています。乳がんの予防、診断、治療の促進を目的とした研究プロトコルの主任研究者です。また、医療におけるレイキの役割を推進し、メディカル・レイキ・ワークス協会の理事会の会長を務めています。彼は国内外で講義と出版を行い、Breast Journal(乳房ジャーナル)の編集委員会に参加しています。彼は米国乳腺外科医協会の元会長です。


DR SHELDON FELDMAN

Dr. Sheldon Feldman, professor of surgery, directs breast cancer services and is chief of the breast surgery and breast surgical oncology program at Montefiore Medical Center in NYC. He completed medical school and surgical residency at NYU in NYC and a vascular surgery fellowship at Newark Beth Israel Medical Center.

He is a recognized leader in the development of innovative, minimally-invasive techniques to diagnose and treat breast cancer. He is the principal investigator for both single-site and multi-centered research protocols that aim to advance the prevention, diagnosis and treatment of breast cancer. His areas of expertise include; oncoplastic surgery, nipple sparing mastectomy, intraoperative radiation, tumor ablation, lymphedema prevention, introductal approach to breast cancer and physician patient communication. He has advanced the role of Reiki and health care. He is the chairman of the board of Medical Reiki Works. He has lectured and published extensively both nationally and internationally and is on the editorial board of the Breast Journal. He is past president of the American Society of Breast Surgeons.


【2023 大阪.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:瑞西林甘】

演講人:瑞西林甘

演講主題:訪問Rishilingam大師

他在智利、哥倫比亞、墨西哥和美國教授靈氣超過 13 年。 並與許多世界一流的靈氣大師學習。如臼井式靈氣、阿跨利歐靈氣(Acuario Reiki)、托爾特克靈氣(Reiki Tolteca)、光明靈氣道和現代靈氣法的大師。 

他也是「靈性和靈氣(spirituality and Reiki)」的電子書作者,也是靈氣聖瑪莎蒂國際學校(International School of Reiki Sammasati)的創始人與靈氣大師專業課程的設立者。 多年來,致力於組織靈氣和整體療法的線上代表大會。


リシ・リンガム

13年以上にわたり、チリ、コロンビア、メキシコ、米国でレイキを教えています。世界で数々の一流のレイキマスターから学び、共有してきました。臼井式レイキ、アクアリオ・レイキ、レイキ・トルテカ、光明霊気道、現代霊気法のマスターです。また、スピリチュアリティやレイキに関する電子ブックの著者であるだけでなく、レイキ・サンマサティ国際学校の創設者であり、レイキマスタープロのコースの構築者でもあります。数年前から、レイキとホリスティック・セラピーのオンライン会議をオーガナイズしています。


RISHILINGAM

Rishilingam has been teaching Reiki for over 13 years in Chile, Colombia, Mexico and the USA. He has learned and shared with some of the best Reiki masters in the world. He is a Reiki Master in different styles: Usui Reiki, Acuario Reiki, Reiki Tolteca, Komyo Reiki Do and Gendai Reiki Ho.

He is also the author of ebooks on spirituality and Reiki, as well as the founder of the International School of Reiki Sammasati and creator of the Reiki Master Pro Diploma. For some years now he has been organising the Online Reiki Congress and the Online Holistic Therapy Congress.


更多資料請參考以下相關網站

2023 臼井靈氣療法百年紀念大會活動官網

臼井靈氣國際學會

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.